ねつぼそ

の残骸。TSが終了してから、内輪向けの内容に。恐ろしくやる気が感じられないが、やめる気もないらしいが、最近休眠気味らしい。

うるぼそ

最近ですね。とあるフリーゲームやってたんです。あれですあれ、レミュオールの錬金術師。
オススメフリーゲームなんたら、みたいな所では大抵紹介されてる名作ですね。
ものすげー極端に言うと、売って稼ぐだけのゲームなんですが、それが非常にgoodで良くてナイス。
後一日だけ、もう一日だけ・・・。時間が経つのを忘れてついつい続けてしまう。シンプルだからこその中毒性。
レジスターの音と共に、小気味良いテンポで商品が売れていくのを眺める快感・・・!
やったことがある人はわかるはず!はず!やったことがないひとも、この機会に是非。
あ、別にリンクを貼ったりとかそういう気の利いたことはしないのでやりたい人はググって頂戴ね(すぱるた)
そんなわけで、名作フリーゲームの紹介でした。んじゃそれでー


ではなくて。


レミュオールの錬金術師やってると思うことがあるのですよ。何かっていうとですね。

「あートリスタやりたいなー」

なんですね。なにそれ全然関係ないんじゃーんって思われるかもですが、あるんですよ!
もっと具体的に言うと

「あートリスタで露天開きたいなー」

こうなるかな。最初からそう言え?そんなことしたら行数が稼げなくなっちゃうじゃないですか。
つまり、物を売るフリーゲームをしてたらカバリア島での物売り生活が懐かしくなったと。
そういうことですね?ハイそういうことです。


~熱暴走と露天生活~

露天・・・開いてました?私はよく開いてた方!だと自分では思います。無印からプラス時代は特に。
とりあえず所持金カンストする程度には稼ぎましたし。(その後ゲルダインフレ起こしちゃいましたけど)
そんなにゲルダ貯めこんで、当時の熱さんは何か欲しいものでもあったのでしょうか?
特にありませんでした・・・。あ、いや、マリー人形カードなんかの嗜好品(嗜好品?)は見つけ次第買ってましたが。
そういったアイテムは稼ぎが必要になるほど高い値段がつくシロモノでもないわけで。
じゃあなんで露天開いてたのだ!いい加減な行動はつつしみたまえ。熱暴走くん、場合によっては裁判で争うことになるぞ。なにいってんだこいつ


げふげふ。なんかすごい方向に話が曲がってる。話を戻しましょう。
なんの目的があって露天を開いてたか、ですね。これ、一番の理由は
『露天で物を売れる瞬間を見たかったから』
だったりします。勿論ゲルダ貯めたいって思いもありましたが。あくまで副次的なものであって、ゲルダは気が付いたら貯まってたって感じですかね。

露天を出してしばらく待っていると、効果音と共に『出してるもん売れたよ』のメッセージが!やっちょー。
感覚としては釣りに似てるかもしれません。
いやー。楽しかったですね。並べた品がひょいひょいと売れるのは何度見ても楽しかった。
本当にひょいひょい売れるんですよ。理由は簡単、値段設定がやたら安かったから。
バカ安とまでは言いませんが、クエ品なんかは相場より随分安い値段で売りさばいてました。
稼ぐことではなく、売れる瞬間が目的だったから、少々安い方が気持ちよく売れて、熱さん的にはうきうきハッピーさんしょの木だったんですね。
あ、今の超適当合成造語は気に入ったら使っていいですよ。私は二度と使う気にならないですけど。


さてさて。露天を開くためには売り物を集めなきゃいけないわけで。
言うまでもなさそうですが、私の露天はドリルで手に入る物がメインでした。ドリルは兎の嗜みですしおすし。
とにかく売れそうな発掘品がある所に突撃、散々堀り散らかして去っていく。一人イナゴスタイル。
当時はメンテ堀なんてのも流行ってましたね。いつからできなくなっちゃったんでしょう?よく覚えてない・・・。
レベルが低く装備も充実してない頃だったので、メンテ堀=オワタ式トリックスターなんてことになる場面もよくありましたが、それも良いスパイスでした。死にながら発掘するの楽しい!(狂気)
そうやっていろんな地域の発掘アイテムを地道に集めていって。
いい具合に個数が貯まったらメガロポリスに足を運び。
ちまちまと値段設定をして、レッツ露店!

売れる。売れる。また売れる。そして売れる。そんでもって売れる。
・・・もう売れないかな?・・・と見せかけて売れているぅ!
おのれえ、はかったな、ゆるさんっ!なにっ、また売れている!
しまった完売だ。また発掘せねば。まいったなあ。あーたのし。

なにいってんだこいつ


えーと、また変な世界に入るところだったんで無理やりまとめますね。
上記の通り値段設定が安かったので、割とすぐに完売御礼。無印~+時代初期は金鯖メガロも賑わうくらいに人がいたので、なおさらです。
発掘2時間完売10分とはまさにこのこと。まさにこのこと、なんて書きましたが、使う場面ここしかないと思う。
掘って、集めて、売って、ニッコリ。気付けばゲルダも貯まってる。
露天ライフを楽しんでいた熱暴走さんなのでした。・・・ううっ、またやりたい。
調子に乗って露店に出すアイテム集めすぎて倉庫も銀行もギューギュー状態に陥って「どうしよう・・・」って困惑したい!
しかしどうしようもないのであった。かなしい。


今日はこの辺でおしまいです。んじゃそれで!

スポンサーサイト

あっ、爆ちゃんって名前もおんなじ基準で付けられてます

それにしても名前が熱暴走ってのも中々凄いですよね。冷静に考えるとっていうか、冷静に考えるまでもない。
熱暴走て。現象じゃないですか。現象なら、モンスーンとかそういう名前でも良かったのかもしれない。
あ、でもでもそしたらブログ名も変えなくちゃいけないですね。
キャラ名がモンスーンだったら「モンちゃん悶絶悶々日記」なんてブログ名になってた可能性が・・・?
それはなんかアウトな気がする。更新も多分二ヶ月位で停止していたことでしょう。
ってことは、熱暴走という名前は大正解!だったわけですね。あーよかった熱暴走で。

とまあ、全くもって意味の分からない始まり方ですが、熱暴走です。私です。どうも。
広告が出てたんで慌てて更新。このブログの様式美ですね。
今日は、上の方でもちょっと触れましたが、名前の話。
熱暴走という名前についてちょびっとだけ書いていこうかと。
読んでも得しないこと間違いなし!だらだら読んでちょうだい。


↓はたしてこれまでの記事の中で得するものがあったのかどうか


どうして熱暴走ってキャラ名になったのか。これは何回か書いてますが
「覚えやすく、タイピングしやすく、読みやすい名前」にしたかったからですね。
熱暴走って名前は、この3つを満たしている名前!・・・だと自分では思ってます。それでいて、平凡ではない。素晴らしい!
あと、呼びやすい、改変しやすい名前でもあるかと。(なんか自分で褒め過ぎな気がする!)
実際、カバリア島ではいろんな呼ばれ方されてました。

熱暴走さん 熱さん 熱たん ねつぼそ ねつぼそさん ねっちょ ぼそちゃん・・・

他にもいくつかありましたが、多かったのはここらへんかな。
個人的な感想ですがねっちょって呼ぶ人は変態が多かった気がします。
この中で一番印象深いのは、やっぱ「ねつぼそ」かな。
ギルメンは大体この呼び方だったし、ブログのタイトルにもなってますし。

ギルメンから「ねつぼそ」呼びされる

あっそれいいな、いつかブログおっ立てる時はタイトルそれにしよう

それにした


なんて裏話もあったりしたのでした。裏ってほどでもないですが。
このブログでの「ねつぼそ」は一人称であり、二人称であり、タイトルであり。
なんだか曖昧でややこしいですが、ねつぼそだからしょうがないね。
そんなねつぼそなのでした・・・って、そろそろねつぼそがゲシュタルト崩壊してきた。

んじゃそれでー


【“あっ、爆ちゃんって名前もおんなじ基準で付けられてます”の続きを読む】

FC2Ad